都倉 俊一

Shunichi Tokura

音楽家

1948年6月21日生まれ

東京都出身 学習院大学法学部卒業

四歳よりバイオリンを始め、小学校、高等学校を過ごしたドイツに於いて基本的な音楽教育を受ける。
のち、独学で作曲法を学び、学習院大学在学中に作曲家としてデビュー。
その後アメリカ・イギリスで作曲法、指揮法、映像音楽を学び、海外各国で音楽活動を行う。

CAREER

これまでに「日本レコード大賞作曲賞」、「日本歌謡大賞」、「東京音楽祭最優秀作曲賞」、 「日本セールス大賞作曲賞、編曲賞」、「日本レコード賞」など、日本の音楽賞の殆どを受賞。
この世に出したヒット曲は800曲を超える。その他多くの映画祭、テレビ音楽も発表。 80年には都倉俊一 グランド・オーケストラを設立。
幅広い作曲活動の他に国際的なセンスを活かした執筆 ・ 講演活動を展開する一方、 83年からは拠点を米国ロスアンゼルスに移し、 ”シュン ・ トクラ”の名前で作曲・プロデュース活動を開始。
米国ブロードウェイにて数々のミュージカル制作にも参画する。
88年より、ロンドンにも居を構え、本格的なミュージカル制作に取り掛かる。
92年、「第1回 川口・エジンバラ国際芸術祭」の総合芸術監督に就任。
94年11月、日本人の作曲家として初めてのオリジナル・ミュージカル 「OUT OF THE BLUE」がロンドンのシャフツベリー劇場にて開幕。制作総指揮も兼ねる。
イギリスの舞台美術との関わりも深く、色々な作品を日本に紹介する。
91年にはロビン・ハ-フォード演出の「黒い服の女」(パルコ劇場にて上演)をプロデュース。
94年には、ロンドンで大ヒットを記録している 「AN INSPECTER CALLS」(アートスフィア劇場)を総合監修。同作品はのちにトニー賞を受賞。
97年11月、新作ミュージカル「GALAXY EXPRESS 999」(アートスフィア)が開幕。
それらと平行して、日本の舞台芸術文化の振興と国内アーティスト育成を目的とする、 財団法人日本ミュージカル育成基金 を設立準備中であり、 将来的には若者の海外留学を含めた研修システムの確立や、 本格的なミュージカル劇団の結成、劇場建設などに向けて活動中。
現在は東京、ロンドン、ニューヨークを拠点としてミュージカルを中心に創作活動を積極的に行っている。

BOOK

「わんぱくサムの二都物語」 (講談社)
「都倉 俊一 ・ 私の日本人論」 (曜曜社出版)
ほか

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now